ブログパーツ
読書ブログです。 感動した本・仕事の役に立った本などを中心に書いています。

SEO対策:読書 SEO対策: FC2 managemented FC2 managemented SEO対策:読書 :
<<tony vs. paul (トニー対ポール) | 本のシンクログ 心に残る本のご紹介 | 西郷南州遺訓と稲盛和夫さん>>
この記事のコメント
コメントありがとうございます。
本当に完璧な映画ですよね。
カゴメさんの記事を読んで全くの同意見にとても嬉しくなりました。

織田裕二が三十郎は、まるで論外でしょうけど、
リメイク版を見た方が興味を持たれて、こちらのオリジナルの『椿三十郎』を観てくれて、その凄さに度肝を抜かれる事を切望します。
2008-01-03 Thu 22:36 | URL | simc栗田 #-[内容変更]
[TB、感謝です♪]
仰る通り、何度観直しても、黒澤監督作品ではこれが一番かと思いますね。
これ以上ないのでは、と言う位にプロットがしっかり決まってて、一部の隙もない出来です。
完全無欠、完璧な作品と言って過言ではないですね。
どう考えてみても、作り替えようがないと言うか、
過不足がまったくないのには呆れるほどです。
ラストの「あばよ!」が聞きたいばっかりに何度も観返してしまうのですが、
何度観ても、同じ所で鳥肌が立ち、思わず腕組して唸ってしまいます(笑)。
2008-01-03 Thu 22:04 | URL | カゴメ #-[内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


「椿三十郎」 (1962) 日本監督:黒澤明製作:田中友幸 菊島隆三原作:山本周五郎脚本:菊島隆三 小国英雄 黒澤明撮影:小泉福造 斎藤孝雄美術:村木与四郎音楽:佐藤勝出演:三船敏郎 仲代達矢 小林桂樹加山雄三 団令子 志村喬 藤原釜足いつもながら、ネタばればれ.... …
| 本のシンクログ 心に残る本のご紹介 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。