ブログパーツ
読書ブログです。 感動した本・仕事の役に立った本などを中心に書いています。

SEO対策:読書 SEO対策: FC2 managemented FC2 managemented SEO対策:読書 :
<<『言葉と無意識』ソシュール言語学 丸山圭三郎 | 本のシンクログ 心に残る本のご紹介 | 萩原朔太郎 詩集>>
この記事のコメント
コメントありがとうございます。
この本は読み出すタイミングが難しいですよね。(それなりの覚悟がないと・・・)

この作品の関連だと
短編の『百姓マレイ』
小林秀雄の評論『ドストエフスキーの生活』もおススメです。

今後ともよろしくお願いします。

2007-03-04 Sun 22:33 | URL | SIMC栗田 #-[内容変更]
[はじめまして]
はじめまして。
罪と罰は本当に名作ですよね。
私も大好きな作品のひとつです。
私は数年前に一度読んだきりですが
かなりな影響を受けています。
また時間ができたら二度目に挑戦してみたいと思います。
2007-03-04 Sun 21:51 | URL | シン@偽哲学者 #HfMzn2gY[内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 本のシンクログ 心に残る本のご紹介 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。