ブログパーツ
読書ブログです。 感動した本・仕事の役に立った本などを中心に書いています。

SEO対策:読書 SEO対策: FC2 managemented FC2 managemented SEO対策:読書 :
<<留魂録  禾稼の有年に恥じざるなり | 本のシンクログ 心に残る本のご紹介 | 新約聖書名言集・ブッダの真理のことば・感興のことば >>
この記事のコメント
カゴメさんコメントありがとうございます。
この映画にも感動しましたが、カゴメさんのブログの映画評には更にビックリ感動しました。
これからもよろしくお願いします。
2008-01-03 Thu 22:11 | URL | simc栗田 #-[内容変更]
TB&コメントバックが遅れてしまい失礼しました!

カゴメもここ十年内に作られた作品の中では随一では、と思う傑作です。
老いに直面する世代が感じる喪失感と、老いるが故に尊さを知る切実な様が、これほど美しく描かれた作品はそうそうないですね。
悲しいのが、これほどの傑作にして左程の評価を受けていない事で、
これはもぉ切歯扼腕と言うか何と言うか・・・。
昨今、邦画ブーム等と言われて、竹の子の如くワラワラと有象無象の作品が作られてますが、
数で勝負よりも、こういう上質な作品を丁寧に撮って欲しいものだと思いますね。
2008-01-03 Thu 20:28 | URL | カゴメ #-[内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


「いつか読書する日」(2004) 監督:緒方明プロデューサー:追分史朗? 畠中基博原作:青木研次原案:青木研次? 緒方明脚本:青木研次撮影:笠松則通美術:花谷秀文衣装:宮本まさ江音楽:池辺晋一郎照明:石田健司出演:田中裕子? 岸部一徳? 仁科亜季... …
| 本のシンクログ 心に残る本のご紹介 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。